ひめりんご稽古場日記〜「1999年の夏休み」ができるまで〜

番外編A


1999年の夏休み全集

本番日記★本番編★
 本番日記★仕込み編★
1999番外編@
1999番外編B
2003年3月
 2003年2月 2003年1月 
2002年12月
 2002年11月 2002年10月 2002年9月 2002年8月 2002年2〜7月

おまけ編

エミ(直人)の学院探訪編

映画「1999年の夏休み」の撮影で学院として使用された二つの場所を訪れました!
映画ファンのエミとしてはもう大興奮ものです!
「エンジェルハウス」の管理人さまの資料を参考にロケ地めぐりさせていただきました!ありがとうございました!!
イントロ。
そもそも今回の度は、エミの姉(平塚在住)が出産したので初・姪に会いに行く&実家(宮城)に里帰りが目的なのでありましたがまあそんな個人的な理由はさておき・・・・・・・
2002年10月28日夜、夜行バスにて京都出発。
旅行会社の激安バスを利用したためせま〜い席で知らない人が隣に座る車内・・・・。しかし里帰りにいつも夜行バスを利用しているエミはそんなことでは疲れやしません(いつもはバス会社を利用してるので快適度はグッと落ちてびびりましたが)!幸い隣に座ったのが若くて礼儀正しくて気さくな女の子だったのでお互いに気持ち良く一晩過ごすことができました。朝、彼女は東京で下車して私は横浜で・・・。お別れするころには名残惜しくなり、お互いの電話番号を交換してサヨナラ。彼女は東京に遊びに行くついでに中学時代の初恋の人にも会うと言ってましたが、彼ははたしてイケテル男の子になってたのかそれとも・・・なのか、とても気になる・・。そして今好きな人とはうまくいきそうなのかな?たまたまその日、好きな男の子の誕生日だったらしく、夜中に日が変わった時おめでとうの電話がしたくてそわそわして眠れなかったと話てくれた彼女はとってもかわいかった・・・。いいねえ〜青春やね〜〜!ありがとう(^^)Aちゃん!お芝居観にきてね!

そして朝。横浜に予定より二時間遅れて10時ころ到着。
昔、一緒に「1999年の夏休み」を観て盛り上がってた妹(渋谷在住)と待ち合わせて「学院」目指して、出発!!
@大倉山記念館
電車に揺られてたどりついた駅は、東横線「大倉山駅」。駅を出て右に曲がるとそこには延々と続く坂道が。まあすぐだろう・・・と思って二人でアハハと話ながら坂道をのぼ・・れどのぼれどたどりつかない・・・・。二人ともそこそこヒールのある靴をはいてたので(特に妹はピンヒール)なかなか辛い・・・。実は大した距離じゃないんだろうけど、まあ・・・単に運動不足?
ヘ〜ヘ〜言いながらなんとか到着!!顔をあげるとそこにはあの!!あの!!学院があるじゃありませんか〜〜〜!ひえ〜〜!大興奮!しかし、思ったより横幅ないんだね〜。いつも思うけど映像マジックってすごい。映画村も水戸黄門見てると広く見えるもんね。ふっしぎ〜〜。そして表の階段を昇って(ここで直人がうつむいてたんだ〜!とか思いながら)中に入ると・・・そこにはあの!あの!階段があるじゃありませんか〜〜!ひえ〜〜!大大興奮!さっそく写真をばしばし。

妹。さすが元(くさっても)モデル。きまってるねえ〜

ここで悠がランプ持って歩いてたんだわ〜!て感じで、は〜もうなんて言っていいやら。それにしてもやっぱり思ったより中も狭い!やっぱり映像ってすごいな〜としみじみ実感!この先に4人の部屋がありそうな空気が漂っておりますが・・・それはまた別の場所なんだよね。
階段の脇には直人が薫を追い詰めたあのイスやらがあったりなんかして。ロマン・・・・・・・。

ひとしきり見た後は、地下の事務所に降りてパンフをいただいて帰りました。
この日はイベントの準備があるとかで二階にはあがれませんでしたが・・・ここって少しのお金でお部屋借りられるんだよね。音楽室とか、教室とか!あの直人が本を読んでた窓とか・・・生で見てみたかった〜!いいなあ〜近くに住んでる皆さんは・・・。ここでひめりんごも写真撮影とかしたかったです。

外にいた猫を追いかけたりぐるぐる建物の周りをまわって気がすんだところで、次は、寮の内部の場所へ移動移動です!!
Aベーリックホール
さて次は電車にゆられ、バスに揺られて外人墓地を越え、ベーリックホールに到着です(バスを何本も乗り逃したり嫌なおばちゃんに遭遇したりとまあちょっとしたことはありましたがご愛嬌・・・)。ここは、悠の部屋とその外の廊下があるところです。外観も可愛くて、良い感じ・・・。外人さんって日本でもこういう家に住んでるんだもんね。この家はなんかいたるところセンスがあってかわいかったです!しかしよくわかりませんがここ、インターナショナルスクールの寮として使われてもいたんですよね?いったいここに何人の子供たちが?そんなに大きくはないと思うのですが・・・・でもうらやましい!ここに住めるなんて!!!

悠の部屋。壁は白から水色に塗り替えられてはいましたが、この窓はまさしく!て感じです。
子供部屋らしく飾られてて、調度もかわいかった!異人館〜て感じです。
悠の部屋(つきあたり)をみつめながら・・・・・・
そう、この階段は、「ヘッセのデミアンだね」のあの場所〜!!
悠の部屋からみた廊下。なんだか寮っぽいいい感じの空気が。

外にいたネコ。
帰りはぶらぶらと中華街まで歩いて、途中のパン屋さんでパン買って食べたり・・・古着屋さんみてまわったり・・・と横浜見物しました。
妹よ、一日つきあってくれてありがとう!



女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス