ひめりんご稽古場日記〜「1999年の夏休み」〜★番外編B★
★おまけ編★


本番日記★仕込み編★本番日記★本番編★
1999番外編@ 1999番外編A 1999番外編B
2003年3月 2003年2月 2003年1月
2002年12月
 2002年11月 2002年10月 2002年9月 2002年8月 2002年2〜7月


このページは大分軽い気持ちでご覧ください。
「1999年の夏休み」の稽古中に湧き上がった小ネタ、それからアンケートの結果を軽く掲載しております(^^)

 ★アンケートの結果報告★

ご来場くださったお客様に記入いただきましたアンケートの結果です。たくさんの方のご記入、感謝しております。ありがとうございました!!なかなか楽しい内容でした〜〜

映画「1999年の夏休み」を知っていらっしゃるかどうか?について。


「好き」「名前は知っている」で50パーセント、「全く知らない」という方が50パーセントでした。

一番印象に残ったことは?
(あまりばらつきはなく、どれも何件かづつありました)
  • 薫の正体・・・・・原作を知らなかった方にはびっくりの事実だったようです!でも、「結局、謎だった」方も何人かいらっしゃったみたいです。受け取り方が深いのでしょうか?なるほど〜、と思わされました。
  • 最後に現れた転校生は誰!?・・・・これはほんとにご想像におまかせしたい結末です!!
  • 映画にはない、オリジナルのエピソード(マザーグース等)・・・・これは単純に嬉しいです(^^)どう脚色するか結構悩んだので!
  • 白い舞台・・・・・一番多いご意見でした。たくさんの方に評価いただき、こだわってよかったなあ・・・と思います。
  • 音楽・・・・・・・・映画で使われていた音楽と、同じミュージシャンさんの他の曲と、それからボーイソプラノの曲を使用させていただきました。「合っていた」というご意見多数いただき、幸いです(^^)映画を知らない方からも多数「音楽がきれいで心に残った」というご意見いただきました!
  • キスシーン・・・やっぱりコレははずせませんよね〜(^^;)結構「ほんとにはやってない」と思われた方いらっしゃるようですが、ほんとにやっていたのですよ〜。直人→和彦、薫⇔和彦も!!
  • 照明・・・・・・・・照明が美しかった、というご意見も結構いただきました!白い舞台に青い照明、というのが特に映えて、なかなか好評だったようです!!
  • 直人が映画の直人に近かった・・・・・これは単純に光栄で、嬉しいです。映画の直人をイメージして、近づけようとして演ったので!特に「声がそっくりでびっくりした」、というご意見もかなりいただきました(^^)ほんと、「光栄」の一言に尽きます!
  • 崖に飛び込むシーン・・・・ドキッとしていただけたようで、よかったです!特に冒頭の悠が飛び降りる場面が好評でした!
一言でいうと、どんな人物だと思いますか?
  • ・・・・大人・いつも楽しそう・存在感ある・明るい・ナゾの人・自由・映画よりかわいらしい・空虚な明るさを持った人・おちゃめ心あり・明るいけど、ずるい・エーリク・ひがん花・マイペース・夢をかなえた人・図々しい・和彦のことが好き・マザコン・太陽・策士・ポジ・・・・等など。個人的には「おちゃめ心あり」「ひがん花」が好き・・・・・。「明るい」「ナゾ」がかなり多かったです!
  • 和彦・・・病気・やっぱり暗い・クール・重心が低く、安定感・冷静な人・「冷たい視線の奥に暗い影が・・・。」・寂しい人・臆病かな?・「トーマの心臓」のユリスモールっぽい・優等生・こういう子がモテるんだよね・内向的・冷たい・ピュアな水・小さいころから感情コントロールしちゃったんだろうな・一言であらわしにくい・良い子だな・一番寂しがりや・人付き合いが不器用・本がお好きですね・姿勢よすぎ〜・何もわからないふりをしている・映画よりカッコよかった・はじめはキツイ人と思ったけど本当は純粋・貴公子・・・・・等など。個人的には「本がお好きですね」「貴公子」が好き・・・・。「クール」「臆病な人」「さびしい人」というのが多かったです!
  • 直人・・・兄さん・キザかも・「最初はお兄さん的な感じだったのに後半になるにつれ嫌なところがでてくるとは・・・」・すらっとしてる・和彦ラブって感じ・思考型、ちょっと危険・大人な人・かっこよすぎる・好きです・強いけど、かわいそう・一番感情を見せない人・クールで大人・映画から抜け出してきたような直人でびっくり・たぶん一番残酷・一途で物陰から見てるタイプ・しっと心あり・大人ぶったやつ・オスカー・一番のさびしがりや・頭が良い故の苦悩人・宝塚男優っぽい・火サス!?・頭よさそう・怒らすと一番恐そう・繊細・男前・ある意味強い・自分勝手・表面に感情をあらわせない人・皆のことを一番わかっているような気がした・お父さん・エビル・・・・・・・等など。個人的には「しっと心あり」「火サス!?」が好き・・・・・。「大人」「クール」「頭よさそう」などが多かったです!
  • 則夫・・・健康な子・何歳?・わがままというか、感情がかくせないタイプだな・さびしがりや・幼なタイプ・のんびりな人・かわいい・すべてをわかっているってかんじがした・素直・一番感受性が強い・成長できる人・映画よりもやんちゃな感じ・おちゃめな弟・お子様・おっちょこちょい・子供っぽい・アンテ・ネコ・小動物?・子供子供と言われながらも実は一番全部が見えている子・わがままっこ・正直?・みんなにかまって欲しい・あまえんぼさん・甘ったれの子供・生まれたて・ここまで元気か・純粋・リアル・・・・等など。個人的には「あまえんぼさん」「生まれたて」が好き・・・。「かわいい」がだんとつに、「実はすべてわかっている」「子供」が多かったです!
楽しく読ませていただきました!!
ありがとうございました!!!

 ★小ネタ劇場★

稽古中・または打ち合わせの時に妄想の世界で生まれた小ネタの数々・・・。思い出し次第気づいたころにちょっとづづ増えているかもしれないこのコーナー。

ほんとにかる〜い気持ちで読んでくださいね〜。

そして、想像しながら読んでください!



本番でやったらおもしろいだろうな話
  1. 受付でちくわを1本ずつ配る
  2. ここだ!ていうとこでちくわをなげてもらう
  3. 客席の天井に金ダライが吊り下げてある
  4. ショッキングなシーンでランダムに金ダライが落ちてくる
  5. 崖のすきまを飛び交うちくわ
  6. 以下、つづく・・・・・(か!?)

劇中でやってみたいパロディ
  1. 崖に飛び込む悠。そのまま崖のセットも激しい音とともに崩れ落ちる。
  2. その後、這い上がってきて手だけが見える悠。
  3. 和彦の夢に出てくる悠。しかし和彦は「悠、飛び降りたときに体もぶつけてがたがたに・・」と想像していたため、和彦の夢の中の悠の姿はもう貞子・・・。(ここはほんとに練習の時にやって遊んだのですが、かなり笑けました・・・・)
  4. 最初のシーン。「君の冷たい目の為にね、悠はね!!」と則夫に言われ、気まずくなる和彦。「部屋に戻ってるよ」と言い残して退場・・・・するはずがある日の練習で和彦、「靴をあらってくる」と言って退場。次のシーンで蜂を踏みつけたから「靴を洗ってくる」といって退場はしますが・・・・何もないのに靴を洗いにいくのは変だろう!!そこからふくらむ妄想・・・・。「和彦は靴を洗うのが好きなんだよ」「退場するときはいつも靴を洗ってくる、ていうんだよ」「部屋にはいつも同じ靴がずらっとあらいたてで並んでるんだ」・・・・そう、きっと和彦は靴を洗うのが趣味なんです。たとえば・・・・和彦「ごめん、いつもこんな話ばかりして。君には関係なかった」直人「いや、何でも話してくれ」和彦「・・・靴を洗ってくる」退場。・・・・・和彦、ひどい・・・。さらにラストシーン。新しい少年が現れ、少年たちにも新しい時間がやってくる。則夫「ぼくたちは、これからはじまるんだね」直人「ああ」和彦「・・・靴を洗ってくる」・・・・・・和彦〜〜〜!!・・・・・・・・・みなさんもお好きなシーンで想像してみてください。楽しいですよ〜。
  5. 和彦を連れて直人の目の前で崖から飛び降りる薫。衝撃の直人。「違う!ぼくが望んでいたのは、こんな結末じゃない・・・・!」和彦を助けるため、崖に自ら飛び込む!!・・・・のまえに、準備運動をしっかりとする直人。屈伸も忘れずに!!!そして崖を見下ろし、ごくりと生唾をのむ直人・・・・。・・・・ありえない・・・・・・。
  6. もっとたくさんあったのですが・・・・・。思い出したらそのつどのっけていきますね〜(^^)

女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス