第4回公演 Petshop of Horrors〜Dead to the world〜 舞台写真


L,Aチャイナタウンの雑踏。
ここは、チャイナタウン。
世界のありとあらゆる不思議の棲む魔都 ―――

「D伯爵」のペットショップの扉が開く。


「いらっしゃいませ。D伯爵のペットショップへようこそ。
ここではあなたのご要望にお応えする、
ありとあらゆる動物を取り揃えています。
…あなたのお望みは、何ですか…」


Dead to the world
傷ついた少年と、一人の刑事、「レオン」が出会う。
あんたは言ったんだ。そして、チョコをくれた。
少年の前に中国人の青年、「D」が現れる。

少年、「天」は、4000年を生きる妖狐。
少年を見て微笑み、誘うD。

「何もんなんだ、あんた…」
あんたは「伯爵」。ペットショップの、オーナー。

「あなたには、まだ翼は与えられていません。
…刑事さんは、ここまでです…」

「D!!」


「D伯爵」と、「レオン」の決別。
「人間を憎む存在」と、「人間」の決別。

哀しげに微笑んだDを見て、天がいぶかしむ。
「伯爵、あんたは人間が嫌いなんじゃ
なかったのか…?」
Dを追いかけることができないレオン。

自分のせいで失ってしまった
「あの人」の想い出が、
彼を何かに縛り付ける。


「一緒に思い出そう、誰と出会い、何を望み、
…そして、
何に縛られているのか……」


天がレオンを過去の夢の中へと誘う。
Episode 1 Distance
レオンが目覚めると、そこはロスの街中。
同僚のジルが迎えにきていた。
「刑事が道端でボサっとしないの!」



二人の背後には、テニスのラケットと
スケッチブックを持った少女。
少女の名は、キャサリン。



二人が去ったあと、キャサリンはつぶやく。
「あ、ブランカのお散歩の時間だ!」
キャサリンの母親は、
世界的に有名なテニスプレイヤーだった
「スージー・グラハム」。


元気のないキャサリンを見て、スージーが励ます。

「あなたには、私とパパの血が流れているのよ、大丈夫よ」
「…はい、がんばります」


母子の間で少しずつ絡まってゆく、「想い」の糸。
キャサリンがグラハム家のペット、犬の「ブランカ」を連れて
チャイナタウンのD伯爵のペットショップを訪れる。

「ブランカがこのごろ元気なくって…わかりますか?」

「ええ。数日、お預かりしてもよろしいですか?」

Dがブランカと見つめあい、微笑む。
自分と母以外にはなつかないブランカが、
ひと目でDになつくのを見て驚くキャサリン。

「じゃあ、お願いします」
「いつでも顔を見にきていただいて、結構ですよ」
キャサリンと入れ違いに、レオンがペットショップに現れる。

天を見てレオンが言う。
「なんだこいつ?こんなヤツいたか?」
「天ちゃんには、お店のお手伝いをしてもらっています」

「人間嫌いのオマエが、珍しいな」


すれ違ったキャサリンがスージーの娘だと聞き、
喜ぶレオン。
ブランカが、Dにグラハム一家のことを語る。

一流でいようとする母親と、
一流でいられない父親。
一流の両親の間に生まれながら、
テニスの「才能」がない娘。


すれ違う想いの糸。



キャサリンはテニスの練習に励みつつも、
絵を描くことに喜びを見出しはじめていた。
絵を描くことを否定しない父親。
キャサリンの想いは、父親だけが知っていた。

しかし、父親は、ある日突然、
事故でこの世を去ってしまう。


スージーが頑なにキャサリンを
テニスプレイヤーにしようとするのも、
父親への想いからだった。
ブランカをグラハム家に返す為に家を訪れるD。

レオンがDの後を追い、現れる。

「あんたが…スージー?だいぶ印象が違うな」
「現役だったのは、もう10年以上も前ですからね」
キャサリンにはテニスの才能がない、という事実を示唆するD。
スージーが激昂する。
「あの子は私とパパの子で、
世界一の母親の子で、世界一優しいパパの子で、
世界一の…!…」


しかし、キャサリンに才能がないことは、
スージーも認めていたことだった。


「わかっていました。あの子には
テニスの才能がないこと…
それでもあの子は必死に
期待に応えようとしてくれていたことも…」
スージーの言葉を聞いてしまったキャサリン。

「私…ダメな子だね」
「違うの、キャサリン、聞いて…」


母と子の感情と悲しみが絡まり、ぶつかり合う。
ブランカがキャサリンの手首に噛み付く。

激しい運動はもう無理だろう、と、天がつぶやく。


「そんな凶暴な犬、連れていってください!」

スージーが、思わず洩らす。
「わかりました。うちのお店でお預かりしておりますので、
お気持ちが変わりましたらいつでもいらしてください…」

Dが満足気に微笑み、ブランカを連れて去る。
母と子が語り合う。

「あなたの頑張りを認めてあげたかった…」
「私…」
「もういいの、絵まで描けなくなったら大変でしょ?
私は世界一のテニスプレイヤーと言われたけど、
今は世界一の母親にならなくちゃ…」

キャサリンが母に寄り添って、泣く。
ペットショップ。
ブランカが変化する。
「なあ伯爵、この人なんか雰囲気変わってないか?」
天が不思議そうに問う。

父親の魂を宿らせ、想いを浄化させたブランカ。

「この方は、神様のお使い、みたいなものです」

Dが天に語る。
ブランカが微笑む。
「私はあの家族が好きだった。だから噛み切ったのだ。
あの親子に絡まった、想いの糸を…」
母子がペットショップに現れる。

二人は、姿が変わってしまい、最早「ブランカ」には
見えないはずの
ブランカを、見つけ出す。


「私たちの、大切な家族ですから…」

ブランカが微笑む。


二人に連れられ、ブランカが仲睦まじく、
ペットショップを後にする。





第2話へ
第3話へ
   
第4回公演写真館へ


女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス