〜第3回公演「1999年の夏休み」ができるまで〜



  2004年11月 2004年10月 2004年9月 2004年8月 2004年7月 2004年6月

仕込み日記
本番日記

 2004年5月

5月28日「まったりと立ち稽古」
今週からまたまた役名で表示いたします。
一年ぶりになつかしい役名に戻った和彦、直人、薫の3人。短い間ですが再び1999の世界に酔いつつ極めていきたいと思います!

今日は薫が前日の晩から発熱&体調不良で昼から参加。
が、朝から則夫が所属する劇団さん(立ちあげ準備中)のかたが稽古場に遊びにきてくださっておりました。一緒にストレッチしたりごはん食べたりと、楽しかったです^^またきてくださいね〜!お待ちしてマス!

さて、今日は直人が夜なべして台本をラストまで仕上げてきたので、ラストまで読みをすることが出来ました!台本完成…すっきり。前半部分は半年前にすでに作ってあったのですが、さすがに前公演の準備&その時に稽古している作品以外にはやはりなかなか集中できす、最後までは作れていなくて(当然…)、しかも後半をどうアレンジするか悩んでいたのでなかなか進まなかったのですが…、
前日、朝から晩まで集中して一気に30ページ仕上げることができました!
さすがに再演版なので台本の手直しはせずにすみそうな構成で作成できた…と思われます。前回は台本を作るのも初めてで、最後まで「これでいいのか?」と悩み続けて最後まで手を入れていたのですが…今回はこれでオッケー!すっきり。
総ページ数60ページ…予定では上演時間は1時間40分。よっぽどテンポが落ちないかぎりはそれ以上の時間にはならないハズ…。

今日は夕方から立ち稽古をしました。
まず先週やった部分までおさらいして、どんどん進めていき、起承転結の起の部分のラストまで、一通り段取りつけることができました!今回は原作&前公演よりも一人一人や場面場面のセリフをだいぶ増やして抽象的な部分をセリフで詳しく表現して、暗転を最小限まで減らして…とかなり「会話劇」な台本にしたので、読み合わせの時点では「もしかしてちょっとセリフ多すぎてうるさくなってしまったかな??」と心配があったのですが…
立ち稽古してみたらぜんぜん大丈夫でした。むしろポンポン場面が転換して話が進む印象になったのでよいかんじかも。そして今回の舞台装置がかなりよい味をかもしだして、というかすごく動きやすい配置なので、なかなか動くのが楽しい感じです。
前公演で舞台美術関係の技をいろいろ…かなり悩んだり盗ませていただいたりしたので、今回はさくさく〜っと図面も見切れ予想も作成させることが出来、良い調子です。経験って本当に大事…。

さて、今日は立ち稽古開始したばかりながら早速素敵な言い間違いがあったのでご披露を。

薫が登場して和彦ともめ、和彦にくいつく薫…というテンポよく動きもある場面。
薫「僕の名前はカオル!それ以外の誰でもない!」
というセリフを…
薫「僕の名前はカエル!…!!(ショックで崩れ落ちる薫)…」

カエルて!カエルて何さ〜!
どうも薫はこの場面のセリフがいいにくいらしい。
というかやっぱり前公演で全く存在していなかったセリフは言いにくい…。

今公演はかなり素敵な言い間違いがたくさん発生しそうな予感がします。
今から楽しみです…。
5月21日「第3回公演1999年の夏休み」稽古開始しました」
第2回公演「ペットショップ・オブ・ホラーズ」公演終了から1か月半。
第3回公演「1999年の夏休み」がスタートしました!
実は5月の第1週から微妙に始まってはいたのですが…一週目はエミ、ナナコ、ユーリの3人だけだったし、二週目は配役決めかねてたのでひたすら役替えて読み合わせしてたりしておりました。
「和彦」役をめぐってナナコとユーリがじわじわ戦っていたりという一コマもあったのですが…脚本(脚色)担当のエミが決定させていただきまして、配役も決定!
今週から本格的に開始です^^!
配役は「則夫」役のみ変更し、他は前公演と同じ、元の鞘におさまりました^^

薫/悠…ナナコ
和彦…ユーリ
直人…エミ
則夫…トコ


今回、前公演で革新的な「則夫」を演じたトモが参加できないということで、新たな「則夫」役としてエミ&ナナコの職場の知り合いで、演劇をやっていらっしゃる「トコ」さんに参加していただくことになりました!今回は一年かけず秋本番目標で…4か月でなんとか本番までいきたい!というひめりんご計画があるので、短い間になりますがよろしくお願いします!!

1回目、2回目を一年がかりでやってわかったこと…それは、稽古期間が長くても実質的に公演稽古をまじめに(?)するのって3、4か月前からなんだよネ…ということ…。まあでも、一年間皆で集まると、思い出がたくさんできるから時間かけるのもいいな、という気持ちもありますが^^4か月ってあっという間だもんね…(会場が確保できないとどんどん延びていくんだけど…;)

今回の公演は、前公演「ペットショップ・オブ・ホラーズ」に引き続き、劇中で使う音楽はオリジナル曲満載…というか、「完全オリジナル曲のみ」になります!!
ナイスロマン作曲家、ガブちゃんを得てはずみのついたひめりんご、調子に乗ってまいりました^^!
なんと…メインテーマは…ラテン語の詩つき!!!作詞もガブちゃん。
「1999年の夏休み」の世界を如実に表現した素敵なラテン語の歌詞…。
「悠から和彦へ向けたメッセージ」が、とても美しく表されています…。
すごい…すごいわガブちゃん!
やっぱり引き出しをたくさん持つって大事だなあ…としみじみガブちゃんの技を目の当たりにして感じました。「こういうのがやりたい」と思ってても知らないと出来ないって、もったいないもんね。
早速今日候補曲を2曲つくってきてきてくれたのですが、ロマンです。
台本にあわせてリクエストしたものが次回どう仕上がってくるのか、かなり楽しみ!

今日は読み合わせをした後、早速立ち稽古を開始しました!
プロローグと、一場の途中まで。
場面を一から作るのも一年ぶり。
いつもここで「どうやって動いたらいいんだろう〜;」と右往左往していた私たち…
…が!今回はやっぱり3回目ということで、ひめりんごのメンバーもさすがに1年前、2年前に比べたら確実にレベルアップできてるんだな〜というのが自分たちなりにわかってなにげに楽しかったです。
前公演「ペットショップ〜」で、プロってるメンバーの皆にかなり鍛えてもらったからね…。「ペットショップ〜」効果は大きいです。
今回は、いきなり一発目の立ち稽古なのに「どう動いたらいいのか」、ていうのがなんとなく湧いてくるのです。これは私たちにとってすごい変化です。いや、なにしろひめりんごが結成された当初はトモ意外の3人全員かなりのド素人で、「せりふ言いながら動く」ていうのがそれはもう全く出来なかったからね…。「ペットショップ〜」の稽古開始したころも確実に出来なかった!という記憶があるので、確実に成長してるみたいです。しみじみ経験積むって大事です…。

というわけで第1回目の立ち稽古楽しかったです。
トコさんもまだまだ「芝居」に慣れていないらしくまだ動きはかたいですが、きっと本番を迎えるころには素敵な則夫を演じてくださっていることでしょう^^!
さて、来週も調子に乗ってさくさくっと進めていきたいと思います。
がんばりましょう〜。

女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理