「1999年の夏休み」写真集U(真夜中の電話〜星空)


真夜中に薫が電話をしている。

「母さん、僕は僕の時計を他の奴らより進めて、
早く大人になりたいんだ。それでね、
母さんの時計は一秒も動かないように止めて
いまいたい。母さんは眠り姫のように眠って、
僕が口づけをすると、ようやく目をさますんだ・・・」

薫の電話をこっそり盗み聞く直人。
「薫の声しか、聞えてこない・・・?」

薫が、少年たちの時計の針を
狂わせてゆく・・・・。
森の中で眠っている和彦。
則夫が和彦の本を見てページをめくる。
「マザー・グース。和彦、こんなの読んでるんだ」
本から何かが落ちる。
「手紙・・・・?」
こっそりと中を覗くと、それは、悠が和彦に宛てた
七通のうちの、二通目の手紙だった。
「心の中だけで好きでいます・・・、これ、悠の・・・・!」
則夫の中で、悠の言葉が蘇る。
「則夫、君が助けを呼んだら、僕はいつだって
君のところに行くよ。だけど、僕が死んでしまったら
君の声は届かないかもしれない・・・。
体という楔が消えたら、僕の心はきっと
いつも彼のそばにいるんだ・・・」
目覚める和彦。
則夫が和彦を責める。
「ねえ、どうして悠を死なせたの!」
「僕は、何もしていないよ・・・・」

「和彦はずるい!和彦は悠がいなくなっても
一人ぼっちにはならない・・・。でも僕は一人ぼっちだ。
僕を友達だって言ってくれたのは、悠だけだったんだ」
「則夫・・・」

則夫が去り、和彦は悠の手紙を見つめる・・・・。
薫が現れる。
「ねえ、これ借りてもいい?」
「よかったらあげるよ」
マザーグースの本を薫に譲る和彦。
薫は問う。
「どうして君は卵が嫌いなの?」
「さあ・・・覚えていない。だけど、好きになれないんだ」
薫が言う。
「卵は世界だ・・・」
「悠が言い遺した言葉だ」
「ふうん。でも、僕はジュリアン・ソレルのほうが
好きだな。青い種子は太陽の中にある!てやつ。」
「君にとてもよく似あう言葉だね。
君はやっぱり、悠じゃない・・・・」
微笑みを残して去る和彦。
「なんだ、また泣いてるのか」
則夫を見て直人が言う。
則夫がつぶやく。
「僕は薫は悠の生まれ変わりなんだ、って思ってた。
でも、やっぱり薫は、悠とは違うのかな・・・」

直人が、ぽつりとつぶやく。
「僕は、疑っている・・・」
「何を?」
則夫には、意味はわからない・・・・。
蝶を採る薫と則夫。
「やった!」
捕まえてビンにいれると、蝶は死んでしまう。
薫が屈託無く言う。
「そりゃそうさ。酢酸エチールが入ってるんだもん!」
「君は悠じゃない!悠は優しかったよ!
そんなこと、出来なかった!」
走り去る則夫。
「だって、悠じゃないって言ったろ・・・」

と、蝶が生き返る。
追いかける薫。
追いかけた先には和彦がいた。
和彦の本に蝶が止まり、和彦は蝶をつぶしてしまう。
「こんな風に、ずたずたにしてしまった生き物に
同情はないの!?」
「僕は昆虫があまり好きじゃないし、
この世から絶滅してもたぶんなんとも思わないよ」
「悠に対してもそうだったんだろ!」
「薫、君は何を知っているんだ」

「君は皆に愛されながら、誰も受け入れず、心に
鎧を着ている。それは何故?何のため?」
「僕は弱虫なんだ。そして臆病なんだ。
でも、僕はそうやって生きてきた。
自分だけを相手に、なんとかやってきたんだよ!」
「・・・だから君は悠を憎んでいるんだね・・・・」

激しく言い合う和彦と薫。
次第に薫と悠がリンクしていく。
「僕はなんだか、悠が他人だとは
思えなくなってきたんだ。
僕の耳元で、悠がささやいてる・・」
「消えろ、消えてくれ、悠!!」
和彦が薫の中から悠を殺そうと掴みかかる。
「薫の中から離れろ!悠!」
「悠はもういないんだよ!悠はもう死んでしまって、
いくら会いたくてももう会えないんだよ!」

その様子を物陰から覗う直人。
和彦を突き飛ばす薫。
自分の過去を語りだす。
「僕は、自分で自分の首を締めたことがある・・・
僕だってわかってるんだ!愛したからって
愛して貰える訳じゃないって・・・。でも、
僕は苦しい。寂しくて苦しくて壊れそうだよ・・・・」

再婚してしまった母親への、深い愛。

「和彦、君は寂しくないの。たった一人で
生きていて・・・」

「わからない・・・・でも、君の悲しそうな顔を
見ているのがなんだか辛い・・・・」
和彦が変化してゆく。
直人がつぶやく。


「なぜ殺さない。そいつは、悠だ・・・・・」
薫がマザーグースを読んでいる。
直人が話しかける。
「好きな歌でもあるの?」
「あるよ。蜘蛛が甘い言葉で蝿を誘うんだ。
でも蝿は断る。だって、二度と帰れなく
なってしまうからね」
「君が蜘蛛の時、蝿は誰?」
「君の知らない人だよ」
「誰の為の指輪?」
「君には関係ないよ」
「無論そうさ」
「ねえ直人、僕を好き?」
「嫌いだよ」
直人と薫、二人の少年がお互いを探り合う。
3人の環からはぐれ、ひとりぼっちの則夫。
一人、人形遊びをしている。
「悠がいなくなって、薫が現れた。
これは、仲間はずれの僕・・・・・
優しくしてくれたのは、悠だけ。
でも悠は・・・
死んでしまった」
薫が真夜中に寮を出て行く。
母親が死んだ、という連絡を受けて・・・。
翌朝。

薫だけでなく、和彦もいなくなっている。
「和彦も薫を追いかけて今朝、
列車に乗ってしまった」

直人の話に疑いを持つ則夫。
「薫を追い出したかったから、母さんが死んだ
なんて嘘をついたんじゃないの!?」

「追い出したいのは、お前だよ!」
「なぜ・・・」
「愛されない愛されないって、いつも不満顔で
おねだりばかりしてるからさ。・・・うっとおしいよ!」

直人の感情が則夫にぶつかる。
母親のアトリエで泣く薫。
和彦が迎えに現れる。
「君のことが気になって・・・・。迎えにきたんだよ」
「好きだよ。同情されるのって」
「話して、泣いて、母さんのことを早く思い出に
してしまうんだ」
和彦にすがりつく薫。
しかし、その視線は冷たく光る・・・。

「和彦、君の卵は、壊れた・・・・」
則夫の想いが交錯する。

「僕は知っている。
砕け散った卵のかけらを集めても、
二度と元には戻らない。
壊れてしまった時計の針は、二度と時間を
刻まない・・・・・・・」
翌朝。

和彦と薫が帰ると、直人が外でうなだれている。
「直人、どうしたの!?」
「則夫が、いなくなってしまった・・・・」
「さがしにいかなきゃ!」

和彦が先頭に立ち、則夫を捜しに行く。
森の中で見つかった則夫。

傷ついた動物を見て、自分の姿を重ねている。
「こいつは、僕みたいだったんだもの。
仲間外れで、置いてきぼりだったんだもの・・・」
「則夫は、仲間はずれなんかじゃないよ」
「和彦、なんだかやさしくなったね」

4人の仲が柔らかくなっていく。
則夫が見つけた場所で星を見る4人。
「ね、すごいでしょう!?」
「すごい!」

薫が和彦を誘う。
「ねえ、こっちもすごいよ!」
二人の手がしっかりと握られている。

直人がそれを冷たく、滾った視線で追う。
「もうすぐ、夏が終わって、秋が終わって、冬。
冬の終わりになれば、和彦も直人も薫もいなく
なってしまう。卒業して、寮を出て行ってしまう。
来年の夏、僕は一人でここにいるんだ・・・・」

則夫が星空を見つめながら
思いを馳せる。

T(オープニング〜和彦の罪) V(薫の正体〜エンディング) 練習スナップ キャスト


女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス