「1999年の夏休み」写真集T(オープニング〜和彦の罪)

私がまだ何も知らなかった、あの年の夏休み。
世界がそれまでとは全く違って見えるようになった。
・・・いや、実は私自身が卵の殻を破って変貌したのであろう。
今でもはっきりと思いだすことが出来る。
あの年の、夏休み。
まるで、まだ昨日の事のような気がしてならない――――


満月の夜、一人の少年が湖に身を投じた。少年の名は、悠。

「僕らは、卵から生まれた少年という名前の鳥なんだ・・・・・・・・・・・・」

「僕は、僕の卵を壊して羽ばたく。それから飛ぶ。
――――彼に向かって―――――」

それから三ヶ月後。
少年達に夏休みが訪れる。

和彦、直人、則夫。
寮に残された3人の少年たち。
3人だけの夏休み。

彼らの胸の奥には、三ヶ月前に死んだ、
悠の存在がくすぶっていた。

則夫が和彦に言う。
「和彦、君の冷たい目のためにね、悠はね!」
則夫を戒める直人。
「おしゃべり」
「だってさ・・・」

「悠に一番に花を手向けなきゃいけないのは、
和彦なんだよ!・・・・・僕は、
悠はきっといつか帰ってくるって信じてるよ」
「ばかなこと言うなよ」

悠の死を信じたくない則夫と、
悠の死をつきつけようとする直人。

悠を弔う為に湖に向かう二人。
白い花を抱いた和彦が二人の後姿を見送る。
悠の為に手向けようとした花・・・。
しかし和彦は湖に向かわず踵を返す。
それは、手向けられる事はなかった。
部屋に飛び込んできた蜂を恐がる則夫。
蜂を踏み潰す和彦。
和彦を責める則夫。
「そっとつかまえて、逃がしてやればいいのに!」
「でも、則夫があんまりこわがるから・・・」

「君が殺した、・・・君が殺したんだ!!」
揶揄する則夫。
悠は和彦に宛てて手紙を残していた。
「これが僕の愛。これが僕の心臓の音―――」

「悠、手紙をありがとう。・・・すてきな、遺書!」

手紙を湖に投げ捨てる和彦。
そこに、一人の少年が現れる。
驚愕する和彦。
「まさか・・・・・・」
「幽霊でも見てるみたいだね。
そんなに珍しい?僕の顔」
明るく話し掛ける少年。
彼は、悠と同じ顔をしていた。
「生きていたのか、悠!」
「悠?なんのこと?僕は転校生なんだ。よろしく」

握手を求める少年の手を振り払う和彦。
「なんか文句あるの、君!!」
少年が挑戦的な瞳を和彦に向ける。
少年の名は薫。

監督生の直人は
薫に好きな部屋を選んで使うように言う。
迷わず悠の部屋を選ぶ薫。
「この部屋は住んでる奴の匂いがしない。
よっぽどつまらない奴の部屋なんだろうな」
「三ヶ月前に死んだ子だ。」
「自殺した、僕のそっくりさんか」
「自殺!?誰がそんなことを言った!」
「和彦って、へんな奴」
「悠が帰ってきたよ」
和彦に告げる則夫。
「あいつは悠なんかじゃない!」

そのとき、悠の部屋から音楽が鳴る。
薫がレコードを聴いている。

則夫が叫ぶ。
「悠がくれたのと同じ曲だ!!
本当に悠だ!悠が帰ってきたんだ!」

駆け出す和彦。
薫を殴る和彦。
反撃する薫。
「やめろ!」
直人と則夫が止めに入る。

泣き出す薫。

「なんだよ!僕が何したっていうんだよ!
いきなり殴るなんて、ひどいよ!ひどいよ。
・・・ひどいよ・・・・・」

「ごめん・・・・」
我に返り、謝る和彦。

こうして、4人の夏休みが始まった。
自習時間。

規律に従おうとせず自由奔放にふるまう薫。
和彦は薫の一挙一動を気にしている。
そんな和彦を気にかける直人。
教室から出ようとする薫。
立ち上がる和彦。
「なんだよ、また殴ろうっての?
今度はやられないからね!」

おとなしかった悠と、正反対の薫。
「君は、薫なのか」
「悪い?」

教室を出て行く薫と、それを追う和彦。
直人がつぶやく。
「もう、かまうなよ・・・」
和彦が薫を追いかけた先には、
白い花を抱きしめた悠が立っていた。


「悠!」

「和彦、おいでよ、湖の底へ・・・・。
一緒に行こうよ・・・・・・・」
湖に誘おうと、和彦へ歩み寄る悠。

悠が和彦の首に手をかける。
和彦が絶叫する。
「悠!!!」
「和彦!!」」

直人の声が和彦を覚醒させる。
夢を見ていた和彦。

ふいに、部屋の外に気配を感じ、怯える和彦。
「あいつだ!あいつが立ってる!
悠が立ってる!ドアの外に!!」

突然呼吸が止まる和彦。
「和彦!まさかこんなことで・・・・和彦!!
僕の声が聞えないのか!?」

和彦に人口呼吸して蘇生させる直人。
息を吹き返す和彦。

眠る和彦を見つめる直人。
和彦にそっとキスする。
和彦と直人の部屋の前にいたのは則夫だった。
疎外感を感じる則夫。
「仲間はずれにされたんだな。入れよ。」
薫の部屋に招かれる則夫。
「ねえ、悠って奴の事、教えてよ」

「悠は、和彦のことが好きだったんだ。
和彦は、何もしていないのに皆から愛される。
やさしくもないのに好かれる。
だから僕は、和彦が嫌いなんだ・・・」

薫は悠の生まれ変わりなんだ、と薫になつく則夫。
「薫、左の薬指に指輪してる!なんか意味あるの!?」
「うるさいんだよ!あっちへ行けよ!」

則夫を突き飛ばす薫。
泣き出す則夫。
「泣くなよな!!
どいつもこいつもじめじめじとじと!
やんなっちゃうな!」
イライラする薫。
しかし則夫をなぐさめ、遊びに誘う。
二人を見て微笑む和彦。
驚く直人。
「薫を見て笑ったのか」
「明るい。あいつは悠じゃない。
いつも後ろ暗いような目で、
おどおどしていた奴じゃない」
「・・・気にいったのか」
悠の思い出を直人に語る和彦。
「悠がくれた白い花を僕は、白い花だ、葬式の花だね、
と言って、湖に投げ捨てたんだ」
「もうよせよ、そんな話!」
「・・・あのときの罪だけでも、僕は地獄に落ちられる」

悠の重い視線と薫を比べ、薫のようだったら
悠を好きになれたかもしれない、と話す和彦。

「ごめん、いつもこんな話ばかりして。
君には関係なかった・・・」
「いや、なんでも話してくれ」
「和彦、どうして薫なんか気にするんだ・・・・」

直人の心の中で、なにかが
芽生えてゆく。
   U(真夜中の電話〜星空) V(薫の正体〜エンディング) 練習スナップ  キャスト

女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス